看護師が知っておきたい薬の常識

医療機関で働いている看護師は、患者さんからなにかと相談を受ける場面が多いでしょう。しかし、その中で気をつけなければならないのは、誤った知識で患者さんにアドバイスしてしまうことです。

看護の専門家であっても、時として謝った知識を身につけている事もあります。場合によっては患者の健康に関わる危険性もあるため、常に正しい知識を身につける必要があります。例えば薬の飲み合わせは、正確に知っておきたい知識です。薬を飲む際には、必ず何か飲み物を用意して服用するのがベストです。飲み物なしで薬を服用した場合には、喉や食道部分に薬剤が付着する恐れがあります。すると薬剤が付着した部分に悪影響が及ぶため、炎症など問題を起こしかねません。

またどのような飲み物で薬を服用するかも、大切な知識です。服用時の飲み物として問題ないのは水やお湯です。一方で牛乳やグレープフルーツジュースは、薬の服用時に用いるには問題があります。これらの飲み物は、薬の作用を阻害する成分が含まれています。そのため、薬を服用しているにもかかわらず効果が十分に発揮できません。

薬は患者さんの治療にとって重要な役割を果たすものであるため、看護師は患者が薬を正しく服用できるよう医療の正確な知識を知っている必要があります。しかし医療の常識は、新たな研究結果とともに常に変化し続けています。そのため、常に新しい常識知識を取り入れ、患者に適切なアドバイスができるよう備えておくことも大切です。間違った医療知識について書かれたサイトがありましたので、気になる方はこちらもどうぞ>>>(http://medical-trueorfalse.com